FC2ブログ
2021年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2021.04.15 (Thu)

カッコええやんホンダジェット その4b

松山英樹のマスターズ優勝が間に入って3日遅れましたが「カッコええやんホンダジェット4」の続きです。
qa5724mage.jpg
qa02_l.jpg

前回はこの鉛筆ラフで終わりました。現ホンダ エアクラフト カンパニー取締役社長 藤野 道格氏が埼玉の家で夜中に飛び起きてカレンダーの裏に書いた鉛筆ラフです。ビジネス小型ジェット部門ではコンパクトな機体に大きな積載量と速さと静かさと長い航続距離が求められますがそれらは相反する要素ばかりです。それをこの藤野スケッチはⒶⒷⒸⒹⒺで一発解決しました。

qa120776.jpg

1997年時点ではすでにホンダで小型で強力なエンジンの原形が出来上がっていてこの後はGEと組んで仕上げていく段階でした。
qa130009-p1.jpg

ちなみにこの写真がボーイング777の調整中のエンジン。人の大きさでどれだけサイズが違うか分かります。
qaefault.jpg

最大の特徴は翼の家にエンジンを置く事で胴体と縁が切れて余計な構造部が無くなり騒音振動も軽減されて客室が広くなります。このプランは航空業界で以前から知られていましたがバランスが悪く設計不可能とされてきました。
qad674320c-w1280.jpg

この藤野スケッチにそこまで描かれているかは分かりませんが、藤野さんはここなら実現できるというエンジンの位置をピンポイントで見つけました。この人が藤野社長。(1960年生れの今年61才まだお若いです。)
qaX0AA1XKY.jpg

その結果実現したのが。
おいうjkキャプチャ

広いキャビンと扉付き水洗トイレ化粧台付き。
qa率アップで航続距離2661キロ実現

広いラゲージスペース。
qa7-8_20210314172258d78.jpg

5億4千万円は出ないですが、経費でチャーターなら載ってみたいです。
qa7f352-w1280_2021031417225666f.jpg

今回も引き合いに出して恐縮ですが型式承認前に昨年10月に開発凍結になってしまった三菱スペースジェット(旧MRJ)が、ホンダがすでに世界中を飛んでいるだけに残念です。すでに実績の付いたホンダと三菱が手を組んで翼上エンジンで30人乗りのジェットをオールジャパンで開発するなんて無理でしょうかね。

今日も下のデザウマの人気ブログランキングボタンに励ましのひと押しをお願いします。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース


人気ブログランキングへ
16:00  |  デザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |