FC2ブログ
2009年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2009.08.10 (Mon)

とうもろこし ゴールドラッシュ 長野県伊那市

しかし、雨はムチャクチャ降るし、酒井法子はムチャクチャして逮捕されるし、
大変な日が続いています。
東日本の方は明日11日は雨がムチャクチャ降るそうなので、お気をつけ下さい。

昨年同様に伊那の姉夫婦のつくるとうもろこしが到着しました。
品種は近年人気のゴールドラッシュです。
IMG_5024.jpg

今年は雨が多くて日照時間が少なめで、成育が心配されてました。
去年と比べて、まだちょっと小さめかなという感じです。

ゴールドラッシュの特長は質のよい甘さと、穂の全体に並んだ黄金色の粒、
そして今までになかった粒皮のやわらかさにあります。
その粒皮の柔らかさは収穫の翌日までなら生でも食べられるほどです。

という事で、まず生でいってみます。
IMG_5039.jpg
相変わらずジューシーです。皮は殆ど感じません。
ジュワ!と甘いジュース感覚です。
去年は収穫の手伝いに行って畑で、これをやりました。ほぼ近い味です。
(生のゴールドラッシュは食べ過ぎると、おなかがゆるくなることがありますからご注意。)

火を通すと輝いて、まるで金貨のような色ともいわれています。
ゴールドのラッシュの名前はココからきているようです。
ゆで上がりました。
IMG_5026.jpg

とうもろこしは生のまま置いておくと美味しさが逃げてしまいます。
とうもろこしが届いたら、なるべく早く調理する事です。

とうもろこしの美味しいゆで方です。
皮をむきます。鍋にたっぷりの水を入れて、多めの塩とトウモロコシを入れます。
鍋を火にかけ、沸騰から3分ほど経過したらゆで上がり。
≪ワンポイント≫
★皮はとうもろこしの鮮度と美味しさを保ちます。ゆでる直前にむきましょう。
★ザルに上げ、ラップですぐ包むとシワシワにならないです。
IMG_5029.jpg

電子レンジの時は。
①とうもろこしをむいて、軽く水洗いし、その水滴がついたまま全体に塩をすり込み、
1本ずつラップで包む。
②1本につき電子レンジで5分加熱。(2本なら10分加熱)
すぐにラップを開封するとシワシワになるので、あら熱がとれてから。

お見苦しい写真ですみません。食べてる最中です。
生よりウマいです。当たり前です。
IMG_5030.jpg

実は感慨深いのです。去年のこの時期は私が、歯周病の治療で、
大人の歯列矯正の最中で、ワイヤーのかかっている歯では、これが出来なかったのです。
しかたなく皿に、ナイフで削いだものを口に入れてました。

やっぱりとうもろこしはかじってなんぼのものです。
今年のウマいゴールドラッシュと、
私の歯列矯正の終わりにどうぞ、拍手を!!
ランキングもピッと押して頂ければ幸いっす。

テーマ : 野菜 - ジャンル : グルメ


人気ブログランキングへ
19:12  |  食材/お酒  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.08.09 (Sun)

割烹 「新とよ」アゲイン 箕面市船場東

実はアルファロメオの続きです。
ここから家が近くなので、車のオーナーは駐車場へ寄ってから、店に来る事に。

ひさしぶりに割烹「新とよ」さんに来ました。
お店は地下にあって、これが地上階。
IMG_4990.jpg

昔は第一勧業銀行(現在のみずほ銀行)がありましたが、今は
インテリアショップDOUBLEDAY 箕面店 があります。
IMG_4991.jpg

私は先に入店します。
何時もは気にしなかった暖簾の三代目が目にとまりました。
IMG_4996.jpg

三代目は娘さんなのですが、親父さんが初代では?と
女将さんに聞いたら、亡くなった親父さんは二代目で初代はお婆ちゃんでした。
初代は大阪は南で割烹をやっていて。
この箕面船場が将来発展するとという事で移ってきたんだそうです。

目の前のテーブルです。
三十年以上の歴史を感じます。
IMG_5007.jpg

時代は移り、地下鉄延長は無くなり、繊維シティ構想も道半ばで違うものに
なってしまいました。今はマンションとパチンコ屋が目立つ街に見えます。
また、話が違う方へ行きそうです。

店内です。三代目はカウンターで調理中です。
カウンターの白い固まりは岩塩でお料理によって、削って使うのだそうです。
IMG_5005.jpg

今日のメニューはこんな風でした。
IMG_5004.jpg

で、食材と大鉢料理です。
IMG_5000.jpg

やっぱり最初は生ビールとお刺身盛りです。
IMG_5011.jpg

お通しに甘鯛のウロコが出ました。カリカリサクサクで香ばしいです。
IMG_5010.jpg

小芋白煮。やっぱりココのお出汁は先代譲りでウマいです。
IMG_5013.jpg

穴子天ぷら
IMG_5019.jpg

小いか煮付。しっかり味で焼酎に合います。
IMG_5014.jpg

黒板には、うるいゴマよごしとありましたが、ああ~ごめん、ごめんと
書き直された、白ずいきゴマよごしです。
シャクッとした甘さが上品です。
IMG_5015.jpg

タン塩焼は話に夢中で、残りわずかでフォトジェニックでは
なくなったのでパスしました。

おっさん二人が仕事の話をしながら、飲んだり食べたりしているのですが、
丁度いい距離感で、かまってくれるのが心地いいです。
IMG_4994.jpg

ああ、そうそう私のつくるあの野菜ジュースの原型
ココの女将さんに教えてもらったものです。
10年ぶりに少し飲ませて頂きました。
いつの間にかセロリが入ったようですが、ウマかったです。

割烹「新とよ」
大阪府箕面市船場東3-1-6 COM2号館B1F
072-729-9727
定休:土、日、祭日

変わってゆく箕面船場で、先代の味を守る
三代目に拍手を!!

拍手ボタンのしたのブログランキングもピッと押して頂ければ幸いっす。

テーマ : おいしいお店 - ジャンル : グルメ


人気ブログランキングへ
17:37  |  割烹  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.08.08 (Sat)

車続きで、アルファロメオ156。

仕事仲間が来たときに乗ってきた車が真っ赤のコレです。
IMG_4970.jpg

この車を買うときに彼は「自分が素直に乗りたい車はと考えたらコレやった」と
言ってました。確かにこの車のファンは多いと聞いています。

やはり日本の車にはない押し出しの強さを感じます。
IMG_4978.jpg

今では珍しい、バルブむき出しのエンジンです。
やはり、クロームの6連バルブはカッコイイです。
IMG_4981.jpg

運転席まわりです。エアコンのコントロールスイッチが気になります。
IMG_4985.jpg
さすがにアルファロメオです。こ細部のデザインは美しいです。
IMG_4984.jpg

デザイナーはエアコンの風の吹き出し口の形にこだわったようですが、
細すぎて風が出てこないので、ユーザーには不評です。
IMG_4986.jpg


私もこのエンブレムにはベローチェの時代から憧れてました。
IMG_4973.jpg

仕事を早めに終わって、新御堂筋を北上して、箕面まで乗せてもらいました。
ちょっと低めのV6サウンドが気持ち良かったです。
IMG_4987.jpg

156は1998年 にヨーロッパカー・オブ・ザ・イヤーを受賞しています。
「Qシステム」(アルファ独自のH型マニュアルモード付き4AT)搭載車でした。

車のデータです。
【車名】 Alfa 156 2.5 V6 24V Q-SYSTEM(LHD)
【型式】 GF-932A1
【寸法】 全長4430mm x 全幅1755mm x 全高1415mm
【ホイールベース】 2595mm
【車重】 1390kg
【駆動方式】 FF
【エンジン】 2.5リッターV型6気筒DOHC
【最高出力】 190ps/6300rpm
【最大トルク】 22.6kg-m/5000rpm
【トランスミッション】 4AT
【使用燃料/容量】 プレミアムガソリン/63L
【10・15モード燃費】 -km/L (未発表)
【タイヤ】 205/55R16(オプション)
【発売時期】 1999年3月(2.5 V6 Q-SYSTEM)

テーマ : 車関係なんでも - ジャンル : 車・バイク


人気ブログランキングへ
19:37  |  カーデザイン/車について  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.08.06 (Thu)

40才のシューマッハ MichaelSchumacher がF1に復帰って

セナが亡くなって、右京が引退して佐藤琢磨も去り、スーパー亜久里も撤退、
ホンダが撤退して、フジテレビも中継を止めるかもという人気下降中のF1。
遅くに参戦してきたトヨタとパナソニックのコンビだけが元気だ。
imora-mshu3.jpg

そのF1のマックス・モズレー会長が、あろうことか2010年度は『統一エンジン』を
昨年後半にぶち上げて、大もめにもめてフェラーリー他の強豪チームもF1撤退の
方針を固めたら、モズレー会長の腰砕けで、コスワースエンジンだけのF1は見ずに
済んだ。

2010年のエンジンは2012年まで使い続ける事とギヤボックスは『統一化』となって、
後は来年のドライバーズシートの争奪戦かと思ってたら、フェラーリが凄い発表をした。
060911_1.jpg

「スクーデリア・フェラーリ・マールボロ」は、事故で負傷したマッサがレースに
復帰するまで、彼のマシンにミハエル・シューマッハを乗せるという内容。

シューマッハは「私はチャレンジを好む。そしてこれは偉大なチャレンジだ。
重要なのはマッサが回復すること。彼ら(フェラーリ)が必要とするのであれば、
単純に手助けがしたい」とコメントしている。
ピクチャ 1

過去7回のF!年間タイトルを獲得して2006年に引退、その後フェラーリーのテスト
はしていたとは言え、もう40才だ。スポットの参戦とは言え、大丈夫なのだろうか。

潤沢な資金力を誇っていたF1も最近は経費削減策をめぐって、トラブル続き。
人気にも陰りが出てきたところで、F1の救世主の元王者の走りに注目が集まります。

しかし、ウィリアムズ・トヨタの中嶋一貴はあと一歩のところで入賞圏内なのに、
昨年の開幕戦とモナコの入賞以来、パッとしません。
kazuki_wiliams.jpg

頑張れよ~中嶋一貴!!
最低でも4位の親父を追い抜け!!
誰より喜ぶのは親父だから。

f1_nakajima.jpg

どうぞ、中嶋一貴に応援の拍手を!!

テーマ : モータースポーツ - ジャンル : 車・バイク


人気ブログランキングへ
22:26  |  カーデザイン/車について  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.08.05 (Wed)

コーヒー屋の濱さんアゲイン

あのコーヒー屋の濱さんが、不定期でうちのビルの一階でお店を出される事になりました。今回は小型の焙煎器持ち込みです。
IMG_4957.jpg

私がいるのが3階まで豆をローストする何ともいい香りがホワホワ~と上がってきます。
思わず、一階におりて一杯いただきました。
IMG_4963.jpg

生豆です。今日はこの3種類。
IMG_4960.jpg

キリマンジャロを目の前でローストしていただきました。

手作りのクッキーです。なんでも無農薬で全粒粉とか。
おから、チョコチップス、ココアミックスは70円
IMG_4958.jpg

アーモンドは70円、レッドパールイチゴは100円
IMG_4959.jpg

今のところ不定期登場との事ですが、夕方5時頃から8時頃までやるそうです。
コーヒーを飲んで頂いて、気に入った豆を買って頂くということなのですが、
この界隈のカフェテリアになって欲しいし、買った豆で、どうしたら美味しくコーヒーが
入れられるかを、教えてくれる場になって欲しいと思います。

美味しいコーヒーを入れる濱さん。
IMG_4955.jpg

濱さんへの連絡は
buraiha-cafe@pdx.ne.jp
070-5667-7100

どうぞ、珈琲の宣教者のような濱さんに拍手を!!

テーマ : コーヒー - ジャンル : グルメ


人気ブログランキングへ
22:39  |  バー/喫茶店  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.08.04 (Tue)

デザイン OXO / オクソー ダイコングレーター

これはダイコンおろし器です。
アメリカの会社が何でダイコンおろしなのか、とお思いでしょうが、あるのです。
daikon1b.jpg

今は当たり前となったUDユニバーサルデザインに、1980年代から真剣に取り組んでいて、
私も大変評価している会社です。OXO社 のマークもユニークです。
logo_topのコピー

本題に入る前に、
この男性がOXO / オクソーの創設者サム・ファーバーで隣は奥様です。
our_roots.jpg

サムは関節炎を患っている妻がキッチンツールを使う際にとても苦労している姿を見て、
キッチンツール(調理器具)の実用性に疑問を抱いきました。そして関節炎の人に限らず、
より多くの人が快適に使えるキッチンツールをつくり初めます。

OXO / オクソーは最初スマート・デザイン社から発売され、サムが1995年に引退したあと、
1999年にはバージニア州の家庭用品会社ワールド・キッチン社、2004年以降は
ヘレン・オブ・トロイ社の傘下でOXO社は常に、多くの人が日常で感じる不便を解決する
製品を作り続けています。

OXO はカタチ全てに意味のあるデザイン

底面が末広がりになっている本体、歯のついたブレード、フタの3つのパーツから
構成されて、カタチ全てに意味がある機能と一体化したデザインです。

おろしやすさを追求したブレード
daikon2b.jpg

職人が作ったおろし金は、あえて目が揃わないよう作られています。
その理由は、同じ向きでおろし続けても一定の溝ができないようにするため。
ひいては怪我防止にも繋がります。上下におろすと粗めに、回しながらおろすと
細かいすりおろしになるようになっています。

しっかりと固定され滑りません
daikon3b.jpg
ラバー製の本体は、手で押さえやすくするため末広がりになっています。
手を添えるだけで自然に上から力が掛かるよう絶妙に角度が調整されています。

おろしたてをおいしく食べられます
daikon4b.jpg
ダイコンなどの汁気がしっかり切れるよう水きり口がついているので、
汁捨てが簡単です。

収納にも一工夫
daikon5b.jpg
狭いスペースでも収納できるよう立てることができます。
厚みも5cmとスリムなので省スペースで収納できます。

フタを使って一時的に保存容器に
daikon6b.jpg
嬉しいのがフタが付いている点。おろしてから食べるまで時間がある場合、
フタを閉めて冷蔵庫に収納、など一時的な保存容器として使うことができます。

私はここの「GOOD GRIPS」シリーズのピーラーを
1990年にアメリカで購入して、現在も立派に使えていめすので、
次はこのダイコングレーターを購入しようと思います。

Design:山中俊治
Brand:OXO
Specs & Size:(単位/mm)
約D 200×W 130×H 50
重量:約235g

本体:ABS樹脂 サントプレーンゴム(耐熱120度)
刃:ポリアセタール
蓋:SAN樹脂

購入はこちらでできます。
http://www.caina.jp/commodity_detail/85657656/

テーマ : ♪おすすめ♪ - ジャンル : グルメ


人気ブログランキングへ
18:53  |  デザイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.08.03 (Mon)

さっそくですが、ジェノベーゼソース

さっそく、つくりました。ジェノベーゼソースです。

材料その1:我が家のベランダ特性バジルの葉
     ボール一杯収穫できました。小さい葉は残したのでまだ収穫できます。
IMG_4794.jpg

材料その2:はるばるニューヨークから来た松の実です。
   もちろんニューヨーク以外でもいいです。
 これをフライパンで煎りました。
IMG_4807.jpg

材料その3:これもバジル前に育てていたニンニク。
    粒が小さく、むくのがメンドウと日常の料理には使ってもらえませんでした。
IMG_4802.jpg

材料その4:オリーブオイル(エクストラバージン)とお塩少々。
今回はバジルが多かったので300mlほど使いました。
IMG_4805.jpg


これで役者はそろいました。
ではミキサーにバジルとニンニクと松の実、塩少々を投入して、
オリーブオイルを注ぎ入れます。スタートはバジルは少なめで。
ミキサーを上から見てます。
IMG_4809.jpg

材料が下に落ちないければゴムべらで、つっついてやります。
我が家のジェノベーゼソースは硬めにつくりますので、オリーブオイルは加減を見ながら
足していきます。

ほぼこんな感じ。
IMG_4811.jpg

お塩も加減を見ながら、最後で調整します。胡椒を入れる作り方もあるようですが、
うちは入れずに行きます。

さっそく味見です。ウ~ン、ニンニクの効き加減がウマいです。
IMG_4816.jpg

ここで今日使う分だけをミキサーに残して、後はチルドと冷凍庫に。
再度ミキサーにナチュラルチーズ50gをおろし入れます。
ウッ!写真の賞味期限は見なかったことにしてください。冷凍してましたし......。
チーズはもちろんデミ姐屋さんとこの北海道「米村牧場」産。香りがいいです。
IMG_4800.jpg

すでにこの時点でチキンのモモ肉を塩胡椒して焼き始めていました。
チキンが焼き上がるちょっと前に、取り出して出来たばっかりのジェノベーゼソースを
タップリ塗り載せます。最後にナチュラルチーズを飾りに少しふりかけます。
これが解けた時が食べ時になります。
IMG_4817.jpg

ハイ!!完成です。
IMG_4822.jpg

これはもうワインを抜くしかありませんです。
IMG_4826.jpg

チキンの焼き加減もジャストでした。
IMG_4828.jpg

冷蔵庫のチルドと、冷凍に分けて保存しました。しばらくは楽しめます。

市販のジェノベーゼソースも出回るようになりましたが、
このフレッシュな香りは格別です。今年は後二回収穫できそうです。

ジェノベーゼソースはスパゲティだけではもったいないです。グリル系の料理には合います。
今日はチキンでしたが、変わったところでは、イワシとトマトのジェノベーゼグリル。
イワシをアジや秋刀魚に変えてもウマそうです。

帆立とムキエビのジェノベーゼやタコとジャガイモのジェノベーゼなんていうのにも、
そそられます。

さすがデザウマです。自画自賛です。今日は見事なできあがりでした。
バジルの種まきからここまできてホッとしてます。
デザウマにどうぞ、拍手を!!

テーマ : 作ってみた - ジャンル : グルメ


人気ブログランキングへ
18:38  |  男のできちゃった料理  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.08.02 (Sun)

パセリが、お亡くなりに....。

報告です。あのパセリが、残念ながらお亡くなりに.なりました。

バジルがずいぶん成長しました。前回はこんな感じ。
実は予告通りに、あれから油かすを与えたら二日にビシッと表面に幕ができてしまいました。
これは、温度上昇を招いたようで、二日目にパセリが萎れてベタッと倒れていました。
IMG_4788.jpg

どうやら油かすは、あの大きさのパセリにはキツ過ぎたようです。
醗酵して、小バエもたかってましたので、思いっきり撹拌して、空気を入れました。

という事で、バジル本隊くんは元気です。
以前、パセリくんがいたところです。
IMG_4790.jpg

まだ、パセリは発芽できる時期なのでリベンジします。イタリアンパセリも行ってみたいです。
こうなったら何が何でも、パセリを育ててやろうと思います。私はめげません。
IMG_4789.jpg

バジルも、ひ弱なところは油かすの腐敗攻撃にやられたのですが、
大方は大丈夫だったので、近々ジェノベーゼソースにトライします。
その時は作り方を写真入りで報告させて頂きますので、ぜひご期待ください。

しかし、今年は暑さがおかしいです。
昼間は普通に暑いのですが、夜ははるかに例年以下の温度です。
アブラゼミのやかましい音にも焦りを感じます。
そういえば、南国のアブラゼミも関西上陸は25年前くらいか。

デミ姐さんの北海道から帰ってきてからの証言では、日照不足で小麦が相当不作に
なるとか。姉夫婦住んでいる長野の伊奈もトウモロコシの成育が遅れているとか。

ひょっとして、タイ米に餅米を混ぜて炊いて食べた、
たあの冷夏の再来がない事を祈るばかり」です。

私と一緒にSTOP!!冷夏を祈って下さる方は、どうぞ、拍手を!!

テーマ : おうちごはん - ジャンル : グルメ


人気ブログランキングへ
23:11  |  食材/お酒  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
PREV  | HOME |